イベント・セミナー

LM.Ticket Siteのイベント・セミナー情報はこちらをご覧ください。

第28回日本コンピュータ外科学会大会の参加申込

第28回日本コンピュータ外科学会大会

さて、この度「第28回日本コンピュータ外科学会大会(Japan Society of Computer Aided Surgery)」を2019年11月22日(金)〜24日(日)に、東京大学本郷キャンパス(東京都文京区本郷7-3-1)において開催させていただきます。今回のテーマを「社会実装を勝ち取る!」といたしました。医工連携、産学官連携の重要性が強調される中、依然として医療機器開発の前に立ちはだかる絶壁の名は社会実装です。あまりの高さに絶望して引き返すのではなく、どのように果敢に登り切るのかについて今回は徹底的に意見を交わしたいと考えています。

本学会は、外科学の治療、特に手術支援に関して、コンピュータ医術を基盤にした各種の最先端医療機器やシステムの調査・研究・情報交換を行うことを目的として1992年に発足しました。本学会は、各種医用画像の再構成に基づいた術前診断・手術計画・手術シミュレーション・術中ナビゲーションを可能とする各種診断機器、手術シミュレーター、治療支援ロボットならびに術後回復支援システムのすべての手術プロセスを包含して支援を行うComputer Aided Surgery(CAS)という概念に統括される分野の調査研究・開発・臨床応用を行うことを目的としています。

そのために、本学会には臨床医、医療機器開発の意欲あるアカデミアならびに企業のエンジニア、さらにはregulationの専門家など多彩な業種からなる会員を擁しています。コンピュータ技術の進歩、人工知能(AI)の医療導入の流れ、さらには低侵襲手術に対するニーズの高まりによって、コンピュータ技術の治療分野への応用と導入はますますその重要性を増しています。すでに臨床導入された診断・治療機器も少なくありませんが、さらに洗練された、安全性と有効性の優れた装置・機器の開発のためには、医学的見地ならびに工学的見地のバランスの取れたアプローチが不可欠であります。この点において、本学会の特徴的な会員構成は、理想的な医工連携、産官学連携を可能とする素地を提供できる高いポテンシャルを有していると断言することができます。

本学会に属するコンピュータ外科学を志す若手臨床医や工学者が熱い議論をかわすことを心から楽しみにしています。これがひいてはわが国の医療機器開発の加速につながり、さらなる活性化の原動力となるからです。


第28回日本コンピュータ外科学会大会大会長
東京大学大学院医学系研究科心臓外科学・教授
東京大学医学部附属病院医工連携部・部長
小野 稔

日時 2019年11月22日(金) ~2019年11月24日(日)
10:30 〜 13:45 (予定)
参加費
【 会費 】
・会員および協賛学会会員
事前申込:10,000円
当日受付:13,000円
・非会員
事前申込:15,000円
当日受付:20,000円
・学生
事前申込:4,000円
当日受付:5,000円
*当日学生証を提示ください
【 懇親会 】
・会員・非会員
事前申込:5,000円
当日受付:6,000円
・学生
事前申込:2,500円
当日受付:3,000円
決済方法

・クレジットカード

credit_brand.png

・コンビニ払い

webcvs_brand.png

*請求書でのお支払をご希望の場合は、学会事務局までご連絡ください。

学会事務局:office@jscas.org

主催 一般社団法人日本コンピュータ外科学会
公式サイト https://www.jscas.org/

参加申し込み手順

Step1 参加申し込みを行う

下にある「参加申し込み」ボタンをクリックして参加申込フォームから参加者の情報を入力し参加申し込みを行う。

Step2 参加費の決済を行う

■クレジット決済

参加申し込み時に入力したメールアドレスに確認メールが届いておりますので、添付されているURLより決済画面に進んで決済を行ってください。

クレジットご利用にあたっては以下の事項をよくご確認の上、お手続きをお願いいたします。

クレジット決済について>>

Step3 完了メールをご確認ください

決済が完了するとお支払い完了メールを送信いたします。
決済内容と入場引換証のURL及びQRコードを添付していますので、QRコードが正しく表示されるかご確認お願いたします。
決済内容が違っていたりQRコードが正しく表示されない場合は事務局までお問い合わせください。

Step4 ご来場時について

ご来場の際はお支払完了メールの印刷もしくはスマートフォンでQRコードをご提示ください。

参加申し込み

プログラム

特別講演1
「レギュラトリーサイエンスの活用」
 近藤 達也((一社)Medical Excellence JAPAN )

特別講演2
「ウェアラブルセンサの医療ヘルスケアの応用」
 染谷 隆夫(東京大学大学院工学系研究科)

基調講演
「シリコンバレーでの医療機器開発と日本の打ち手」
 池野 文昭(スタンフォード大学)

教育講演
「内視鏡手術のデータベース化と応用展開」
 伊藤 雅昭(国立がん研究センター東病院)

参加申し込み